お金稼ぎ=悪のイメージ

お金稼ぎ=悪のイメージ その他

まだまだ【お金稼ぎ=悪のイメージ】というのは定着しているんだなーと、最近のヤフーニュースを見ててそう思いました。

この記事では、
日本人はまだまだ【お金】に対するイメージが悪く、学校などでも積極的に教えていない。
中高年にはお金稼ぎとは=投資というイメージが定着している。
投資はリスクがあり、バリバリ稼ぐことはあまり良いイメージではない。

となっていて、日本人の大半がそう思っていることでもあるんですよね。

かくいう僕も、お金については普通の家庭に育ったので、まったく知識はありませんでした。

年金とか所得税とか、そういう世の中のお金の流れというものを知らずに社会人になり、普通に働いていました。

そうこうしているときに、これからの人生に不安になり、経済的独立したいと思っていて、ちょうどその時期に、アフィリエイトが流行りだしたんです。
「ブログに記事を書いて月に100万円稼ぎました!」とか
「初心者でも、簡単に始められますよ!」
などといううたい文句に魅力を感じて、寝る間も惜しんで実践していました。

そのへんから、自分の周りにあるお金について考え出していきましたね。

そして、ちょっとアフィリエイトで稼げるようになると、もっとお金について真剣になります。

スポンサードリンク

アフィリエイトとはいえど、ひとつのビジネスを運営しているので、記事を外注する制作費やかっこいいデザインにするための費用とか、いかに費用対効果を高めるかなど。
普通に本業で会社員をしながら昼休みアフィリエイトを考えて過ごしていました。

そうなると損得でいろいろ判断するので、「お金がもっとほしい」という自然の感情が生まれます。

ただ、稼げるようになってノウハウも身につき、身近な人にも稼げるよ!と教えてあげたいんですが、
世の中には【アフィリエイト=お金稼ぎ=悪い】というイメージがまだまだあるらしく、けっきょく教える機会はありませんでした。

さらに親しい友人に話をしてみても、
「アフィリエイト?ああ、ネットビジネスの怪しいやつでしょ?」
「そういうの胡散臭いのやめなよ!」
と、大半が悪いイメージであって、逆に説教されたりもしました。

世の中の大半の人は、新しい方法でお金を稼ぐことに後ろめたいイメージがあるんでしょうね。

しかしもったいないですよね。

そこに稼げる情報なり方法があるのに、一般常識とか社会理念(ここではお金稼ぎ)に縛られて前に進めない。
ジュビリーエースなんて、そのもっともな情報で、まだほとんど知られていないし、ものすごく怪しいですよね 笑

とはいっても、ようやく世の中も働き方改革だとか、副業OKとか、年功序列の崩壊なんかでお金を稼ぐことに対しての捉え方が変わってきてる気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました