リクイディティーパック90って何?

リクイディティーパック90って何? Jubileeaceで気づいたこと

ジュビリーエースの新しいビジネスパッケージで
【リクイディティーパック90】(LP90)が
4月1日から開始されました。

 

ジュビリーエースの新しいビジネス・リクイディティーパック90とは?

 

最初に結論を書きますと、
これはやっておいたほうがいい!です。

もし、JAからの利益をすぐに出金しないのであれば、
僕なら間違いなくLP90に入れちゃいます。

 

率直に、
入れた資金から90日でほぼ確実に利益が出る。

この事実が確固としたものなら、入れておいたほうがいいですね。
(もちろん、JAなのでほぼそのとおりに運用されると思います。)

 

ということで、まずはLP90の概要です。

事業内容:レンディング(貸付)
参加資金:100ドルから
資金:JAの現金クレジットからのみ

運用期間:90日間

 

注意したいのは、JAで得た収益である【現金クレジット】からしか
LP90に入金することができません!

 

そして、運用には入れた金額に対してレバレッジが働きます。

 

入金額合計(US$)x レバレッジ係数

100ドル – 19,900ドルx2倍
20,000ドル – 49,900ドルx3倍
50,000ドル以上x4倍

となっています。

レバレッジが高いほど有利に働きますね。

 

デイリー・リクイディティー・ボーナス

また、毎日ボーナスもつくようです。

デイリー・リクイディティー・ボーナスといいます。

 

こちらの計算は、

LP90 ポートフォリオ額xデイリー・リクイディティー・ボーナス・レート
(小数点以下 2桁四捨五入)

※ポートフォリオ額とは入れた資金に対してレバレッジを加味した額です。
100ドルならポートフォリオ額は2倍レバレッジの200ドル
5万ドルなら4倍になるので、20万ドルになります。

このボーナスレートは1日に0.066~0.1%で
30日毎に2~3%となっています。

 

公式PDFからの計算だと、
2万ドルで3倍レバレッジなら6万ドルで
US$60,000×0.1%= US$60 となります。

 

ここでもやはり、レバレッジが高いほうが有利ですね。

 

90日のロック期間

90日間のロックはLPに入金した日から開始されます。
途中での引き伸ばしや解約はできず、きっかり90日のようです。

スポンサードリンク

4月1日から入れたら、満期は6月30日になります。

 

また期間中はトップアップすることが可能です。
トップアップを何度しても期間は変わりません。

 

ただ、トップアップの額に応じてレバレッジのレベルは変わります。

たとえば、100ドルで最初にスタートすると2倍レバレッジですが、
そこから一気に19000ドルをあらためてトップアップすると
次のレベルの3倍レバレッジに上がります。

 

公式PDFからの例を載せておきますね。

例:Aさんが現金クレジットから$10,000を使い、
このプログラムに参加したとすると、
Aさんのレバレッジ係数は2です。

その結果AさんのLP90ポートフォリオは$20,000になります。

さらに、AさんがLP90に参加後の40日目に
$10,000のトップアップをした場合、
参加の現金クレジットが$20,000 になります。

 

結果、Aさんのレバレッジ係数は3となり、
トップアップ後からのLP90 ポートフォリオは$60,000に上がります。

 

A さんがLP90への参加後41日目の
デイリー・ボーナス・レートが0.100 %だったとすると、
その日のボーナスはUS$60,000×0.1%= US$60 となります。

A さんの LP90 開始からの終了日は変わりません。

 

リクイディティー・コンバージョン(月利の支払い):
LP90開始後、30日、60日と 90日。

毎日累計されたデイリー・リクイディティー・ボーナスが
現金クレジットウォレットに加算されます。

例:Aさんの最初の30日のLP90 のボーナスの累計が
US$600だった場合は、31日目に現金クレジットに
US$600が加算されます。

 

リクイディティーパック90へのアクセス

リクイディティーパック90はいつもの管理画面から
左のメニューに追加されています。

左のメニューからリクイディティーパック90に行けます

 

ページはこんな感じで、わかりやすい構成です。

リクイディティーパック90の管理画面です

この下にある【申請】ボタンを押して、
自分が入れたい現金クレジットの額を記入して、サブパスワードを押すだけ。

あとは90日待ちましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました