JECについてわかっていること

JAの噂の独り言 Jubileeaceで気づいたこと

今回はJEC(ジュビリー・エナジー&コモディティーズ)についてわかっていることをご紹介していきます。

週末のウェビナーなどで、JECに関する情報が増えてきています。
だんだんとわかってきたので、もう一度まとめてみました。

 

JECと開始とその内容は?

まずJECの開始は10月からです。

扱う案件の中には株とFXも入っていて、さらに今のジュビリーエースのコモディティーの拡大版が入ります。そして、AIの導入も予定されているそうです。

 

ちなみに、今現在のジュビリーエースのアクアシステムは、AIで動いてるわけではなく予め予想されたシステムのパターンで動いています。

それだけでもジュビリーエースは相当な利益を上げて成績がいいんですが、
今回のJECには、そこにAIが組み込まれます。

これによって、より正確に多くのトレードをこなせるようになるそうです。
そうなると、私達ユーザーも今まで以上にもらえる収益が増えることになります。

株とFXに進出して、さらにコモディティーの拡大版をもAIの機能で扱っていく。
だから、JECは最低1万ドルからスタートになってるそうです。

 

JECの上限額について

JECの上限額は、おそらく10億ドル以上になると予想されます。

JAの場合は7億ドルの上限がありますが、JECでもやはり上限が設定される予定で、
それが10億ドル以上になろそうです。

 

クレジットや報酬プランは?

JECの実際に運用するための資金の扱いやプランについては、まだ未定な部分ですね。

スポンサードリンク

JAのように入れた資金の3倍まで利益を出せるのか?
どれくらいの報酬プランやパッケージになるのか?

このような質問がけっこうあります。

おそらくJAと同じような仕様になって、元本の引き出しとかはないであろうということです。
この辺はまだ未定ですが、7月に細かい部分の発表があります。

 

Saas製品との違いは?

JECと同じ時期に開始予定のシステムで一般向け製品Saasというのがあります。
同じような金融分野を扱うシステムなので、JECとSaasの違いはなにか気になりますね。

 

一番の違いは、JECはJAと同じように報酬の%がロックされていて、ベットする前にわかる。
となっています。

現在のJAとほぼ同じようなキャンペーンへのベットの流れですね。

反対に、Saasではキャンペーンの報酬%は確定していない状態で始まります。
したがって、キャンペーンベットをしたあとに報酬%が確定することになります。

 

 

ということで、10月から始まるJECの全容がだんだん分かってきました。

 

メンバーの中でも意見があって、
1万ドルスタートでちょっと敷居が高いんですよね。
ウェビナーでも「下げて欲しい」という要望がけっこうあります。

でも、新しいシステムを使うし、扱う分野も多くなります。
それだけ今まで以上により多くの利益が望めます。

また、JAの会社としてのJECにかける自信の現れも感じますね。

まあ、詳細が7月にわかってくるので、また詳しく解説してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました