JA・JEC・アクアナイト・マイアクアについて

JA・JEC・アクアナイト・マイアクアについて Jubileeaceで気づいたこと

今回は混乱しやすいJA・JEC・アクアナイト・マイアクアを簡単にまとめました。

最近はJAが発展しているのか、どんどんと新しい事業やキャンペーンなどが発表されています。
いろいろありすぎて、けっこう混乱しちゃいますよね。

ということで、JAで今起こっている、これらのことをおさらいしてみます。

 

JA(ジュビリーエース)

JAは皆さんご存知のように、JAというのが開始された最初の資金を増やすシステムです。

JAに関しての動きとしては、7億ドルという上限が設定されていて、
この記事の時点では、約5.5億ドルまで達しています。

おそらく10月くらいには上限に達するかも、とも言われています。
ただ、これも確定ではなくその時によって変わるので、
ウェビナー等で随時確認していくのが良いですね。

 

JEC(ジュビリー・エナジー&コモディティー)

JECはJAの次の事業、新しいビジネスのことです。
10月から本格運用が開始される予定です。

JAで行っているスポーツ・暗号通貨・コモディティーのうちのコモディティーに特化して運営します。
さらに、株やFXも新たに加えて展開する予定と言われています。

登録の仕方や報酬プランなど詳細は、7月17日に発表されるようです。
JECは次世代のJAとなりえるので、ちょっと期待しちゃいますよね。

 

アクアナイト(AQN)

アクアナイトはJAが発行する暗号資産のことです。

スポンサードリンク

この暗号資産を使って、JAのアクアシステムの手数料を安くすることができます。
または、投資案件としてその価値が上がるのを待って資産運用をすることもできます。

AQNについては、他の暗号通貨のように長期間保持して株のように価値が上がるのを待つ。
という方法を取る人が多いみたいです。
もちろん、そのままJAの手数料削減のために使うのも、トータルでお得になります。

 

マイアクアコモディティー

マイアクアコモディティーはJAの外で利益を得る方法です。

JAのシステムであるアクアシステムを利用して、外部のプラットフォームでJAと同じような環境を作ります。
MT4というツールをベースにアクアシステムを載せて、ほったらかしで利益を作ってくれます。

JAとは関係のない外部機関で作れる、というのがポイントです。

 

 

ということで、JAで最近起こってることを簡単にまとめてみました。
いろいろありすぎて混乱しそうですが、まとめると、

JAとJECはやることはほぼ同じだけど、別の事業。
JECは次の世代のジュビリーエースでコモディティーに特化している。
アクアナイトはジュビリーエースの暗号資産。
マイアクアコモディティーはJA外でのJAの仕組み。

となります。

 

JECに関してはパッケージや報酬プランなど、まだまだ分からない部分が多いです。

7月17日に詳細が発表される予定なので、
それを待ってから、どう行動するのか判断するのがいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました